令和2年4月1日、令和2年度が144名の入園児と34名の職員でスタートしました。前年度の終わりから新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、いろいろなことに制限が加えられ、必ずしも自由で楽しい教育・保育が展開できないのではないかと心配しながらのスタートとなりました。
しかし、限られた制限の中でもいかに楽しく、充実した園生活が送れるかを考え、努力したいと考えています。
そのための方策の一つが、昨年から続いていますドキュメンテーションの作成・掲示を行いたいと思います。原則毎日作成して見ていただくことにより、本園の取り組みとか、どこに力を入れようとしているのかなどをご理解していただきたいと考えています。
もう一つは、こどもたちが興味や関心の持てる環境構成に努めたいと考えています。遊びが学びにつながる年代ですので、興味や関心が持てる環境を作り、今やりたいことが出来ることが大切と考え、多様な遊びが出来るように考えていきたいと思います。
最後に職員の研修を深めていきたいと考えています。県内外を含めて職員の研修を深め、これからの教育・。保育がどこに向かおうとしているのかを学んでいきたいと思います。
新型コロナウイルスの感染状況により計画していたことが出来ないことが予想されますが、出来るだけ早く終息宣言が出され、今まで通りの日常に帰れることを熱望しています。
今年度も安心・安全を第一に考え、楽しく充実した毎日を過ごしたいと思います。